肌に黒ずみがあっても脱毛施術は行えるのか?

###Site Name###

日本でも街中に様々な脱毛エステやクリニックを見かけるようになってきており、男女にかかわらず利用者も増加傾向にあります。その手法も肌コンディションや予算、痛みの強弱の面で様々なものから選択することができます。

ここで一つ注意したいのが肌の黒ずみの問題です。
エステやクリニックで人気の施術にはレーザー脱毛があります。

この手法は専用機器から照射される光のエネルギーが肌表面を透過して毛穴の奥にある毛根の黒いメラニン色素を狙い撃ちする形でダメージを加えることの可能とします。


ただしこの時、万が一にも肌に黒ずみなどがあると、この光のエネルギーが誤って皮膚表面の黒ずみのエネルギーを集中させて火傷などを生じさせてしまうリスクが生まれるのです。

また、これらの事態を避けるために照射出力を弱めると脱毛効果も低迷してしまい、本来の希望通りの効果を得ることができなくなります。



まずはこう言った状況を生まないためにも、脱毛前には決して日焼けなどせずに臨むという態度が不可欠です。

新宿の医療脱毛情報を参考にしましょう。

その上で、既存の黒ずみなどに関してはこれがレーザー脱毛に影響をもたらすものかどうかを事前にしっかりと確認した上で決断を下すことが大切です。もしも最初のカウンセリングなどでレーザー施術に適していない肌コンディションであると判断された時には、その他の手法を選ぶ必要が生まれます。


例えばワックスを用いた施術はムダ毛を付着させて引き剥がす手法なのでメラニンとは関係なく受けることができます。

さらにジェルを毛穴から浸透させて毛根にダメージを与える手法も黒ずみとは関係ありませんので受けられるでしょう。

このように自らの肌コンディションと照らし合わせて最適なものを選ぶのは何よりも重要なことなのです。